【ロシアW杯Twitter企画 決勝T進出チーム決定!】

Twitter企画 決勝トーナメント進出チーム決定!

 

5月9日から行われていたW杯特別企画の途中報告。

各1位2位の順に記載。


【グループA】 ウルグアイ/エジプト

【グループB】 スペイン/ポルトガル
【グループC】 フランス/デンマーク
【グループD】 アルゼンチン/クロアチア
【グループE】 ブラジル/スイス
【グループF】 ドイツ/メキシコ
【グループG】 ベルギー/イングランド
【グループH】 コロンビア/ポーランド

(今回は合計640票。平均すると毎日40名の投票。)

 

アジア勢は全チーム敗退予想

ここまでの投票結果に納得する方、異論のある方も様々いるはずだが、
やはりアンケートとなるとネームバリューで結果が決まり、妥当と考えられるチームが選ばれた。

そのため、日本をはじめとするアジアは全チームが敗退予想。
一方で、ヴィッセル神戸への加入が決まったイニエスタのいるスペイン、前回大会優勝のドイツなど強豪国は順当に勝ち進む予想となった。

個人的には、この予想通りにならない結果も楽しみにしている。中でもグループAとHに注目したい。

まずは、グループA開催国ロシア。CL決勝で無念の負傷退場となったサラー率いるエジプト、スアレス、カバーニのウルグアイと世界的なストライカーのいるグループだが、どのように立ち向かい地元の期待に応えることができるか。また、ホスト国としてW杯をどう盛り上げるのか試合以外の面にも注目したいところだ。

続いてグループHのセネガル。こちらはポーランド、コロンビアとバイエルンに所属するレヴァンドフスキやハメス・ロドリゲスのいるグループだ。しかし、先日のCL決勝でもゴールを決めたマネのいるセネガルは、充分に突破できる可能性があるチームだと考えられる。また、日本を除く3チームが争う構図が予想されるが、その中でどのような戦術で日本が戦いを挑むのかも期待したい。

 

 

このW杯企画をどう楽しむか

これまでは予想自体を楽しんで頂く方もいたかもしれないが、本大会が始まったときにも今回の予想結果を思い出してほしい。この予想が実際はどれほど当たるものか。予想を裏切る要因は何か。
どのような結果で覆され、なぜそれが起こってしまったのかを考察することが、この企画の1つの楽しみ方かもしれない。

決してサッカーは選手やチームの知名度だけで勝敗は決まらない。もちろん、一人で試合の展開を変えてしまう選手はいるが、サッカーはチームとチームの戦いである。

これまで各国の積み上げてきたものをこのW杯という舞台でどう表現するのか。
選手はもちろん、監督の戦術には注目していただきたいものだ。

そして、トーナメントは全16試合。本日夜から再開されるTwitterでのアンケート企画優勝チームを決めるのは投票する皆様。

ワールドカップが開幕するまでの期間楽しんでいただきたい。

 

記事執筆

【藤原】

Vektor創設/94世代/平昌五輪視察