【Football Creator より充実した日本サッカーの未来へ① 】

サッカー指導者として活動してきた中島彰宏さん。インタビューではサッカー、育成に対する想いを語って頂きました。今回はインタビュー第1弾(全3回)の記事となります。

 


ー始めにこれまでのご経験、また現在のお仕事についてお聞かせ下さい。

過去、2チームのJリーグのサッカースクールでコーチをしていました。また、今年の四月までヨーロッパの日本スクールの指導者、テクニカルダイレクターをしていました。
今は東京にある私立高校のサッカー部の指導と少年チーム、小学生チームのアドバイザーをしています。年末か年度末からヨーロッパへ教育現場、コーチングなど学びに行く予定なので、その勉強にいくための準備をしています。

ー指導者として働いていますが、そのきっかけは何だったのでしょう。

もともとはアマチュアの選手として活動していて企業で働きながら、その後に練習に行っていました。サッカーに対する想いや自分の姿を、自治体のサッカー協会の会長に見てもらっていて「サッカーを仕事にしながら選手をするのはどうか。」と声を掛けてもらいました。そして紹介してもらってJクラブで働くことになったのです。人の縁がありました。


ー当時のサッカーに対する想いとはどのようなものだったのですか。

将来的に、地元でクラブを作りそこで指導をしたいと思っていました。子供から大人まで自治体が持ってるチームはあったのですが、クラブとしての組織化を細かく整備出来たら、今より更に発展するのではないかと思っていました。

子どもたちが大きくなるにつれて、外の地域のクラブチームに出てしまうのが現状でした。なので地元で育って、地元からプロになることが良いことではないかと当時は伝えていました。
このようなことをしたいと思っていたので、指導者の勉強しながら働くのはどうかと誘われて、指導者になりました。

ーそれから今はどのような想いを持って指導者をされているのですか。

自分が思ったことを素直に表現できるようなサッカーの環境を作りたいと思っています。

自分が思ったプレー、ドリブル、パス、シュート。自分の意思でそのプレーをする。そして、プレーヤー、ベンチ関係なく、得点や勝利を一喜一憂できるような環境が子どもたちにとって大事で、それがサッカーだと思っています。ただ、そこが大事なところだけど薄れているように見えてしまいました。

幼稚園児がサッカーをやるとき、ルールがよくわからなくても楽しんでいます。小学校低学年でも同じだと思うのですが、成長してプレーも上手くなった高学年の子たちを見ると、小さい頃のような純粋な笑顔や喜びがあるように感じられなかったです。

この状況を目の当たりにして、技術的には上手くなっているけど、何か大事な部分を忘れてしまっているのではないかな、ということに違和感を持ちました。

ー実際に働くようになって感じたことはありますか。

サッカー現場では子どもたちがミスを恐れていて、思うようにプレーできない環境があります。その原因は、もしかしたら子どもたちの人間性や性格だけでなくて、そこにいる大人がそうさせてしまっているのではないかと思っていました。

それが、指導者になって自分でやってみて確信に変わりました。

今ではネットや本でサッカーの試合や練習方法、戦術など何でも見ることが出来ます。指導者として勉強はやるべきことです。しかし、それに加えて子供たちがどんなことでも一生懸命頑張れて、自然と自己表現できる環境を創ること。これも育成年代の指導者として絶対的に必要なことだと思っています。

 


ー今回の記事はここまでとなります。インタビュー第2弾は近日公開致します。

【中島彰宏】
複数のJリーグクラブや欧州クラブのサッカースクール等で指導を行い、現在はコーチングを始め、未来の日本サッカーがより充実したものになるためにfootball creatorとして活動中。
インタビュー/記事執筆

【藤原】
Vektor創設/94世代/平昌五輪視察