【第1回 スポトーーク イベントレポート】

サッカーW杯決勝戦を控えた15日。 サッカーをテーマに語るトークイベントを開催しました。


what’s スポトーーク?

スポーツ好きのスポーツ好きによるスポーツ好きのための会。 スポーツをテーマに語り合い、それを記事にしてみようというイベントです。

・スポーツ好きの繋がりを創ること。
・スポーツを発信する環境を創ること。

を目的としています。


どんな人が参加した?


今回は第1回のプレイベントということもあり3人限定の少人数でのトーク。
キャンセルが出て当日参加者は2名。

1人目は、川崎フロンターレ好きでスポーツ好きの繋がりを増やしたいということで参加を決意。 次の日がテストであるにもかかわらず来てくれた大学1年生。2人目は、すでにライター活動をされている海外サッカー好きの方。今後サッカーについての記事も書きたいということで参加して頂いた。

最初は初めましてということもあり緊張しながらのスタート。 軽くお互い紹介した後、本日の流れとトークテーマを決めた。戸惑いながらもサッカー好きという共通のものがあるため徐々に緊張も解れていき、笑顔で話せる空間になっていくのはあっという間だった。

 

ただ話すだけじゃない?


スポトーークの1つの目的は外に向けた新しい発信環境を創ること。
他のトークイベントにはない魅力。

記事を発信することを考え、サッカーという広範囲の中でも何について話すか。
それをどのターゲットにどう伝えるか。伝えた後どうなってほしいかを決めてからトーク開始。

「詳しい人向けではなくサッカー好きでもう少し知りたいと思っている人にしよう!」
「このトーク記事を見た人が日本で今しか見れないサッカー選手を見にJリーグに行ってくれたらいいな。」

参加者はこのテーマで記事を作る上でのターゲット決めや、伝えた後のアクションを考えるのが1番苦戦した様子。ただ楽しくトークするのではなく読者目線を考えたトークが求められた。


気になる内容は!?


今回のトークテーマはサッカー。

「W杯を見て今後世界のサッカーはどうなっていくのか話したい!」「世界を語るなら日本のサッカーもどうなるか考えたい!」

それぞれが話したいことをあげて、事前に決めたターゲットに向けて掘り下げていく。

「フランスのサッカーは相手のプレイに合わせて常に柔軟性のあるサッカーしてたよね。次のW 杯までは流行しそうだね。」
「柔軟なサッカーってどんなサッカーだろう。プレイヤーの中で相手に合わせて考えられる頭のいい選手がいたら柔軟なサッカーができるかもね。モドリッチみたいな。」

「日本で言うと柴崎選手がそうかな。あとはそれを理解してすぐ実行できる人がいたら強いね。」
「今回ほぼ海外組だからJリーグで次のW杯に期待する選手を今のうちに観といた方がいいよって伝えたい!それは誰?」

そんな話をすること1時間半、、、 途中会話が脱線することはあるものの楽しく語りあった時間でした。


イベントを終えて...

お互いに共通する好きなスポーツを話すことで人と人を繋ぐことができる。 改めてスポーツの人を繋げる力の大きさ、これから輪を広げていけるであろう可能性を実感したイベントでした。

「友達と話しても引かれることも多いから、今日この場で語れたのが楽しかった!」

このように言って頂き嬉しかったです。手探り状態の第1回の開催であったので、楽しませられるかどうか正直不安ではありましたが、少しでも楽しんでもらえたかなと思います。

次回はどんなテーマで話をするのか。ぜひ楽しみにしていてください!


レポート執筆

【古田 優】

平昌五輪に視察に行き”スポーツを身近なエンターテイメントへ “をテーマに東京五輪へ向けて活動中。

Twitter:https://mobile.twitter.com/furuyuu6122
Facebook:https://m.facebook.com/profile.php
instagram:https://www.instagram.com/yuu6122/