【メンバーのツイートを引用してロシアワールドカップを振り返ってみた】

6月14日

ロシアvsサウジアラビアの一戦でワールドカップ2018が開幕。

 

そして日本代表の初戦はコロンビア代表。
4年前に大敗を喫した相手とのリベンジマッチ。

 

誰もが想像していなかった展開!前半開始早々に1点リード、1人多い展開。

一時は追いつかれてしまったもののCKから勝ち越しゴール。あのハンパないフレーズもこの大会で更に広まりましたね。

 

やはり若いメンバーでも深夜はきついです。

セネガルとの一戦はお互い譲らず2−2のドロー。本田圭佑選手の3大会連続ゴール+アシストと言った記録も残りました。

 

今大会で注目を浴びた選手の1人は彼でしょう!

今後は東京五輪への出場が期待される若手選手にも注目していきたいですね。

 

これはベルギー戦の乾選手のゴールですね。あの瞬間は史上初のベスト8に行けると思っていました。

それでもまだまだ世界との差を感じた一戦でもあります。この悔しさを忘れずに今後の日本サッカーをきちんと考えていきたいですね。

 


試合をタイムリーで観たいという気持ちはあってもなかなか身体がついてこない大会でもありました。


大会も終了して寝不足も改善したと思います。そして今年の夏は特に暑いので体調管理には気を遣いましょう。

 

決勝戦でクロアチアを下したフランス代表。おめでとうございます!

VARを導入した大会。テクノロジーが発達して今後はどのような変化がサッカー界では起こるのでしょうか。

 

大会MVPを受賞したクロアチアのモドリッチ選手。

体格的に恵まれている選手ではありませんが、誰よりも上手く、誰よりも走る選手としてクロアチアを準優勝へと導くと寄れるキャプテンでした。

日本が目指すべき選手像として彼の名前が挙げられるではないでしょうか。

 

ここまでメンバーのツイートを引用させてもらい、ものすごく簡単に振り返ってきました。
今後も何かイベントの際はこのようなまとめ記事を作ってみても面白そうです。(メンバーのTwitterもフォローして日頃の投稿をチェックしてみて下さい!)

 

そして皆さん。ロシアW杯はいかがでしたか。全試合観戦した方や、現地へ行かれた方、今回初めてサッカーにハマった方。四年に一度の祭典を楽しむことができたら良かったと思います。

次の大会までには、東京五輪を迎え、来年は女子サッカーのW杯。今年も年が明けるとアジアカップが始まります。欧州サッカーも開幕まで約一ヶ月と言ったところでしょう。

そして、Jリーグ、なでしこリーグ、地域リーグや大学サッカーなど。現地に行って観戦することができます。

サッカーだけでなく、他のスポーツも意外と身近な場所で試合をしています。テレビを観て少しでも興味を持ったら、是非一度、現地へ足を運んでみてはいかがでしょうか。

画面からは伝わってこない新たな楽しみがあると思います。楽しみ方は人それぞれあるので、自分にあったスポーツを自分に合った楽しみ方で見つけて欲しいです。

そのためのきっかけをVektorとして提供していきたいとワールドカップを振り返りながらこの記事を書きました。

 

記事執筆

【藤原】

Vektor創設/94世代/平昌五輪視察
Twitter:https://twitter.com/vektor_daihyo