【現役大学生がEL1回戦、ベティスvsレンヌの試合を分析!】

UEFAヨーロッパリーグ(EL)の決勝トーナメント1回戦が実施された。
予選リーグを勝ち上がった32チームでのトーナメント。

今回はスペインのレアル・ベティス、フランスのレンヌが激突!

この一戦を現役大学生のhanaさんに分析して頂きました。

 

【ベティス分析 ELレンヌ戦 1st leg】


グループFを1位で通過したベティスと、グループKを2位で通過したレンヌが、フランスはルート・ド・ロリアンでぶつかる1回戦。スコア的には打ち合いとなった一戦だが、決して「オープン」な展開ではなかった。ピッチ上の現象をベースに、両チームの意図や勝敗を分けたポイントを推測していきたいと思う。


【目次】

・両チームスタメン
・ベティス、失意の前半
・効果的な攻め、勝負を分けたセットプレー


続きを読む↓

 

 

 

 

 

 

記事執筆

【hana】

大阪府在住/大学二回生/19歳
サッカー経験ゼロ
将来の夢:大舞台で自らの理論を実践すること
Twitter:hana@ベティス分析