スポーツクラブが集客するのに使えるサービス9選

こんにちは!こーすけです。

スポーツのイベントを企画したはいいものの、集客ってどうすればよいか困りますよね。
これまで、様々なスポーツイベントを開催してきたので集客の難しさもわかります。

人が集まらずに、スポーツの試合を開催できない、体験会に人が集まらない、、、
そうなってしまうと継続するのが難しくなってしまいます。

まずはどのような方法で集客ができるのかを知るためにも、これまで利用してきたサービスをご紹介します!

サービス

・ジモティー

他の用途でも使用されていますが、地域のスポーツ団体を見つけるときに便利なサービスです。
都道府県別、スポーツ別に検索可能なので、ピンポイントで見つけてもらえる可能性があります。

スポーツ以外の用途で利用している人がいるので、ユーザー数は多いかもしれませんね。

ジモティーはこちら

・スポーツやろうよ

スポーツサークルに特化したサービスです。スポーツをしたいと思った方が、競技と地域名で検索して探しています。
スポーツの種類で幅広く分けられているので、マイナースポーツの競技団体も目に入る可能性があります。

スポーツやろうよはこちら

・つなげーと

掲載数日本一と言われているサークル掲載サイトです。社会人のサークルを中心にスポーツ、そしてそれ以外では、ゲームや勉強のサークル、クラブ・同好会などに参加、またはメンバー募集できます。

つなげーとはこちら

上記に挙げている3つのサービスは、全て登録して相性の良いものをメインに利用していくと良いかもしれません。いずれも無料で利用できるのでおすすめです。

Peatix

スポーツに限りませんが、イベント情報の掲載、チケットを発行して、決済も行えるので便利なツールです。SNSと併用しながら、利用するのが良いでしょう。
また、アプリが出ているのでそちらをダウンロードしておくと便利です。

Peatixはこちら

SNS

無料で始められるのがSNS。広告費をかけなくても、運用方法次第では効果が充分に得られます。

Twitter

ここのSNSの中では1番拡散力があるので、小さなチームでもターゲットにリーチできる可能性ありです。公式アカウントを作る、もしくは個人のアカウントとして情報発信をしても良いでしょう。
1つのツイートだけでイベント参加希望者の見込みが数十人!と言った経験もあります。コツコツと発信することで、信頼されるアカウント作りをしてみましょう。

※このサイトのTwitterアカウントも1300人、個人アカウントでも1100人と、スポーツ関連のアカウント運用には慣れているので、これから始めたい方や、運用に悩んでいる方は気軽にご相談ください。

Facebook

イベントページ作成の機能がありますし、公式ページを作成してもよいでしょう。
過去に開催したイベントでは、小さなイベントながら100件以上の興味ありがつくなど、運用次第ではメインの集客ポイントにもなりそうです!
また、個人で利用しているアカウントを運用しても十分に活用できます。

Instagram

文章よりの写真が得意な人はこちらを運用すると良いかもしれません。ストーリーズを更新すると、視聴している人は多い印象です。ハッシュタグの使い方に慣れていくとより運用ができるようになるでしょう。

LINE

友人、知人に連絡しましょう。という使い方もありますが、イベント開催をする際には、ライングループや公式ライン、オープンチャット等を作って加入、登録してもらうと今後連絡をする際に便利でしょう。

特にSNSは無料で始められる分、いろいろなアカウントを作りがちになりますが、それだけ継続することも難しくなってきます。今の自分にあったSNSを選択して、まずは継続することを目標に運用できると良いでしょう。

 

HP

1番自由に何でも発信できるのがHPではないでしょうか。
無名の小さな団体でも、HPにきちんと情報を掲載して、定期的に更新するだけで信頼度が増します。
多くの人は有料でWordPressを契約してHPを作る人が多いと思いますが、無料で利用できるサービスもあります!

 

最後に


それでも、自分たちの発信だけでは十分ではない。という方に、Vektorにて団体を掲載するページを作成しました。

パートナーの欄に情報を掲載いたします!
詳細はお問い合わせまでよろしくお願いします!