最大得点数は1000点越え!?スポーツの世界得点記録を調べてみた

こんにちは。スポーツの様々な雑学を配信中!

管理人・筆者はHADO Xballのアスリートでもあるこーすけです!

昨年は、J2で柏レイソルのオルンガ選手が1試合8得点、結果は13−1とJリーグの記録に残る試合がありましたよね。そこで、今回は、世界のスポーツにおける得点の記録を調べてみました!

 

大量得点試合!サッカー、野球、バスケを超えるのは・・・?

 

野球

プロ野球史上で最も点差がついた試合は、70年以上前に行なわれた「阪急ブレーブス」対「南海ホークス」の32-2だそうです。

また、メジャーリーグの記録では、1897年に行われた「シカゴ・コルツ」(現シカゴ・カブス)対「ルイビル・コロネルズ」(現在は消滅)戦で記録した36-7。

プロ野球の歴代最多点差記録ランキング!1試合で最大どこまで開いた?

サッカー 

149−0

サッカーについて調べてみると、最多得点差でギネス記録となっているのは、マダガスカル(THBチャンピオンズリーグ)のリーグ戦で行なわれたアデマ対レミルヌの試合でした。その得点差はなんと、、、149点!!!

二桁得点でさえ珍しい競技のはずなのに。。。

通常の試合でこのようなスコアは見れないですよね。と思いますが、こちらは、ワケアリの試合でした。

なんと、全てオウンゴール!!!

その理由として「レミルヌ」はこの試合の前節に疑惑のPK判定によってリーグ優勝の可能性がなくなったみたいです。その結果リーグ優勝が決定したのは、この対戦相手である「アデマ」

審判への講義によるものだそうですが、これは流石にやりすぎではないでしょうか笑

サッカー史に残る衝撃の大量得点試合12選。最大得点差ギネス記録は「149-0」

ラグビー

ラグビーでは、日本のトップリーグの記録を紹介します。

2020年2月とつい最近の試合で、「神戸製鋼」970「NTTドコモ」というリーグの最大得点差試合となりました。
両チームの得点が入りやすいバスケットボールと違って、一方的な試合となっていますね。

神戸製鋼97点差勝利はリーグ最大/TL大差試合


バスケットボール

サッカーよりも得点の入る競技のバスケットボールですが、1991年に行われた「クリーブランド・キャバリアーズ」 対 「マイアミ・ヒート」で、148−80の68点差の試合となり、ギネスにも記録されたそうです。

先程の結果が衝撃的でしたね笑

長い歴史を持つNBAの11の最多得点記録を徹底調査!

クリケット

野球と似たような競技とも言われているクリケットですが、こちらで衝撃的な得点数を見つけました。

Wikipediaで調べたところによると、1試合の得点(ラン)は、なんと、、、1107点!!!

あまり、細かいルールを知られていないクリケットですが、これを機会に興味を持ってもらえたら嬉しいです!

コーフボール

最後に、こちらの競技を。
日本代表が記録を残している試合として、「日本」vs「台湾」の試合で、22−42と、合計64点と多くのゴールが生まれた試合となりました。
世界でもトップ3に入る実力を持つ台湾代表に対して、現在世界ランキング16位の日本代表が攻撃的に戦った試合でもあります。

ちなみに、僕は、この試合を現地で観戦していました。(笑)

 

一部のスポーツの試合のみ調べましたが、まだまだ面白い記録が出てきそうですね!
こんな企画で調べて欲しい!こんな情報がある!など、ご連絡お待ちしています!

管理人:こーすけ
HADO Xball、「神奈川シリウス」所属のアスリート。

興味のある方は、プロフィールやTwitterアカウントをご覧ください。