ベンチャースポーツの面白さとは

2020年。

東京オリンピックがもう目の前まで来ました。

このスポーツの1年の始まりに、オリンピック競技ではない、スポーツに日頃から関わっている人間として、その面白さを伝えていきたいと思い、執筆しています。

「マイナースポーツ」は、ネガティブな呼び方になるかもしれません。どこからマイナーなのか、定義も人それぞれだと思いますが、「ニュースポーツ」「ベンチャースポーツ」など、スポーツの様々な呼び方があります。

この呼び方に関してはまた別の機会に書きたいのですが、なぜ、一般的に知られていないようなスポーツに関わっているのか、まずは「面白さ」という観点から書きます。

 

1.競技の深い部分まで関わることができる

サッカーのように全世界で行われているスポーツ、もちろんそこに関わる面白さはありますが、ほとんど環境の整っていないようなスポーツを、1から作り上げていく面白さがあります。

活動は無限にあります。

人を集め、場所を取り、お金を集め、イベントを運営して、広報活動を行って、試合に出場して、、、書き出すとキリがないくらいにやることはたくさん。

人も揃っていないし、知られていないスポーツ。ベンチャー企業と言えば想像できるかもしれません。

筆者も、2019年は「コーフボール」という競技に深く関わることになりました。

全く聞いたことのない競技だったものの、日本代表チームと携わって世界選手権に帯同。

大会初勝利を飾る瞬間を、目の前で見ていました。

当時のレポートはこちらで読むことができます。

普通の生活をしていた1人の人が、日本を代表して世界の舞台で君が代を歌うのです。

これは、関わり方のほんの一部でしかありませんが、やろうと思えばいくらでも関わり方があるのが、このようなスポーツの面白さです。

 

2.人との濃い関係性を築ける

この業界では、1人の役割はとても大きいと感じる一方で、動いていくと、協力することの重要性も感じます。

普段は、チーム内での関係性がほとんどですが、しかし、年に数回は大会が行われるので、関わる人数も増えていくのです。

マイナーなスポーツと言っても、日本選手権のような大会では、全国にプレーをする人がいます。

大会に行くと、どこか同窓会のような感覚を持って、他の地域の選手やスタッフと会っていたことに気づきました。

顔見知り程度の人もいれば、SNSでは繋がっていて大会で初めて会うような人、前回大会以来の再開と、関係は幅広くあります。

その競技に関わったことで、思っていた以上に濃い繋がりが全国に形成されていました。

筆者の場合、コーフボールの大会では、自身が選手ではないため気軽に大会参加をしています。もしかしたら、プレーする選手はそれほどの余裕はないかもしれませんが。笑

人の繋がりが、狭く、濃く、どこか田舎のような感覚を持ちます。

個人の成長、チームの成長、競技の成長と。それを実感しながら、共通の競技で人々と関わりを持っていくことの面白さを実感しています。

家でもなく、職場でもなく、第3の居場所としてスポーツのコミュニティが選択肢になってほしいと思いました。

3.大きな役割を持って貢献できるー自己肯定感が高まる!?ー

まだ知られていないスポーツの「面白さ」という点では、「自分ごとにしやすい」もう少し表現を変えると、「大きな役割を持って、貢献を実感できる」と言えます。

競技人口が日本で数十万、数百万人いるようなスポーツと、100人程度のスポーツ。

例えばですが、「この国のこの競技を変えていくんだ!」「この競技で世界を目指す!」となったとき、一人ひとりが実感しやすくなるのが後者の競技だと思います。

もちろん、前者の競技でも実感できることですが、後者の方が「自分が頑張らなければ!」と使命感を持っての発信活動や、普及活動をしやすくなると思っています。

マイナーな競技はやることが無限に出てくる。とお話しましたが、その中で実務をしてくれる人はとても貴重な存在です。

少しでも手伝ってくれることに感謝しないといけませんね。

常に人手が足りていない状態。競技の規模も大きくないので、1人がやることはとても大きな役割を担っています。

1人が担った活動は、その競技、チームの中で「今、自分はこの分野で貢献しているのだ!」と思うことができます。

SNSの担当者であれば、自分はこの競技で一番発信を頑張っている!色んな人に届けている!と自信を持って欲しいです。

ただし、これが誰かがやることを当たり前になってしまう状態はよくありません。当然、ほとんどがボランティアでの活動になるので、感謝もされない、誰も協力しないと、辛くなってしまいます。

誰かがやってくれることが当たり前ではない。その点も実感しやすくなるはずです。

結局、マイナーなスポーツに限りませんが、誰かが何かをすることを当たり前とは思いたくないものです。日頃から、お互いに感謝の気持ちを持って活動してほしいですね。

自分はこの競技で、この分野で、このように貢献している。

そう実感しやすいのが、ベンチャーなスポーツの面白さです。

4.マイナーなスポーツはネタになる

競技名すら聞いたことないと言われる事が多いのですが、聞いたことある競技も、どんな競技かは区別がついてないものが多いのがマイナーなスポーツ業界です。

ただ、その話をすると「どんな競技なのー?」と基本的になるわけです。

そこで、相手が知らないことを教えられる。自分が面白いと思っているもの、好きなものを伝えられるって、すごく良い時間ではないでしょうか?

「面白いねー!」と言ってもらえたら嬉しいものです。それがどういう感情を持って「面白い」と言っていたのかは、わからないものですが。

最近の鉄板ネタは「クィディッチ」ハリー・ポッターに出てくるあの競技。マグルもやっているんですよ。

ただ、そこで話したうちの数人でも、一緒に競技を楽しめたらもっと良いな。とも思います。

押し売りするつもりは全くありませんが、そこでどれだけ競技に興味持ってもらって、より知ってもらって、体験してもらって。普段から、そういうことを意識してトークできたらと思うものです。

全ての人にその競技やってもらいたいとは思いません。むしろ、その人にあった競技と出会って欲しいです。

今、様々なスポーツに関わるようになって、本当に競技毎に良さがそれぞれあると気付きました。

と、多少話がそれてしまいましたが、スポーツネタを持っているだけで、どこに行っても話のネタに困ることがなくなりました。

競技の良さ、面白さ、をより伝えていけるように記事でも動画でも、もちろんオフラインの場でも増やしていきたいところです。

 

 

管理人:こーすけ
Vektorではマイナースポーツ・ベンチャースポーツを応援しています!

2020年はベンチャースポーツの雑誌を作りたいと構想しています。