ベンチャースポーツの面白さとは

2020年。

東京オリンピックがもう目の前まで来ました。

このスポーツの1年の始まりに、オリンピック競技ではない、スポーツに日頃から関わっている人間として、その面白さを伝えていきたいと思い、執筆しています。

「マイナースポーツ」は、ネガティブな呼び方になるかもしれません。どこからマイナーなのか、定義も人それぞれだと思いますが、「ニュースポーツ」「ベンチャースポーツ」など、スポーツの様々な呼び方があります。

この呼び方に関してはまた別の機会に書きたいのですが、なぜ、一般的に知られていないようなスポーツに関わっているのか、まずは「面白さ」という観点から書きます。

「競技の深い部分まで関わることができる」

サッカーのように全世界で行われているスポーツ、もちろんそこに関わる面白さはありますが、ほとんど環境の整っていないようなスポーツを、1から作り上げていく面白さがあります。

活動は無限にあります。

人を集め、場所を取り、お金を集め、イベントを運営して、広報活動を行って、試合に出場して、、、書き出すとキリがないくらいにやることはたくさん。

人も揃っていないし、知られていないスポーツ。ベンチャー企業と言えば想像できるかもしれません。

筆者も、2019年は「コーフボール」という競技に深く関わることになりました。

全く聞いたことのない競技だったものの、日本代表チームと携わって世界選手権に帯同。

大会初勝利を飾る瞬間を、目の前で見ていました。

当時のレポートはこちらで読むことができます。

普通の生活をしていた1人の人が、日本を代表して世界の舞台で君が代を歌うのです。

これは、関わり方のほんの一部でしかありませんが、やろうと思えばいくらでも関わり方があるのが、このようなスポーツの面白さです。

 

PS:1日1記事を目標に、どんな形でも更新します。中途半端な質になるかもしれませんが、ご承知下さい。そして、その可能性もあるので、記事は常にアップデートさせます。

 

管理人:こーすけ
Vektorではマイナースポーツ・ベンチャースポーツを応援しています!

2020年はベンチャースポーツの雑誌を作りたいと構想しています。