ベンチャースポーツの面白さ④【知っていると会話に困らなくなる!?】

昨日は、人との関係性をテーマに記事を書きましたが、今回は、競技以外の人との出来事からベンチャースポーツについて書いていきます。

前回の記事はこちら

スポーツ現場以外でも、競技を知っていて面白いなと思う機会がありました。

マイナーなスポーツはネタになる

競技名すら聞いたことないと言われる事が多いのですが、聞いたことある競技も、どんな競技かは区別がついてないものが多いのがマイナーなスポーツ業界です。

ただ、その話をすると「どんな競技なのー?」と基本的になるわけです。

そこで、相手が知らないことを教えられる。自分が面白いと思っているもの、好きなものを伝えられるって、すごく良い時間ではないでしょうか?

「面白いねー!」と言ってもらえたら嬉しいものです。それがどういう感情を持って「面白い」と言っていたのかは、わからないものですが。

最近の鉄板ネタは「クィディッチ」ハリー・ポッターに出てくるあの競技。マグルもやっているんですよ。

ただ、そこで話したうちの数人でも、一緒に競技を楽しめたらもっと良いな。とも思います。

押し売りするつもりは全くありませんが、そこでどれだけ競技に興味持ってもらって、より知ってもらって、体験してもらって。普段から、そういうことを意識してトークできたらと思うものです。

全ての人にその競技やってもらいたいとは思いません。むしろ、その人にあった競技と出会って欲しいです。

今、様々なスポーツに関わるようになって、本当に競技毎に良さがそれぞれあると気付きました。

と、多少話がそれてしまいましたが、スポーツネタを持っているだけで、どこに行っても話のネタに困ることがなくなりました。

競技の良さ、面白さ、をより伝えていけるように記事でも動画でも、もちろんオフラインの場でも増やしていきたいところです。

PS:1日1記事を目標に、どんな形でも更新します。中途半端な質になるかもしれませんが、ご承知下さい。そして、その可能性もあるので、記事は常にアップデートさせます。

 

管理人:こーすけ
Vektorではマイナースポーツ・ベンチャースポーツを応援しています!

2020年はベンチャースポーツの雑誌を作りたいと構想しています。