世界No.1 プロXballプレイヤーへの挑戦 ートライアウト編ー #4

HADO Xball。2021年にプロリーグが開幕するスポーツに挑戦する1人の選手のノンフィクションストーリー。

世界No.1 プロXballプレイヤーへの挑戦 ートライアウト編ー #3 はこちら

4.Xballチーム

現在、日本にあるXballのチームは4チーム。

愛知レグルス、ベガ埼玉、アルゴル千葉、神奈川シリウスだ。

その4チームが、2月29日からプレリーグと位置づけられる「Japan Xball League 2020」を戦っている。

つまり、僕が参加した説明会の時点で、既に選手たちは戦っていたのだ。

このリーグ戦はRound1から4まである。各ラウンド毎に、4チームがそれぞれのチームとの総当たり戦で、そのRoundの順位が決定する。とのことだった。

リーグ戦で勝ち抜くとチームへの賞金は20万円。

まずはトライアウトを勝ち抜き、4チームのいずれかのチームに所属することが選手になるための大前提。

しかし、そのトライアウトが1つ乗り越えなければいけないポイントだ。

果たして、このプロを目指している集団の中で選抜されることができるのか。

Xballの未来に対するワクワクする気持ちの裏で、本当に自分が選手になれるのか。

期待と不安が入り混じった感情のなか、説明会のプレゼンは終わりに差し掛かろうとしていた。

 

5.実力だけがトライアウトで重要なポイントではない

このトライアウトは、決して実力だけが評価されるポイントではない。

世界No.1 プロXballプレイヤーへの挑戦 ートライアウト編ー #5 はこちら

この続きは明日3月29日に更新されます。

管理人:こーすけ
HADO Xball、「神奈川シリウス」所属のアスリート。

スポンサー、パートナー等、Xball選手としての僕と面白いことを仕掛けましょう。
興味のある方は、プロフィールやTwitterアカウントをご覧ください。