世界No.1 プロXballプレイヤーへの挑戦 ートライアウト編ー #8

HADO Xball。2021年にプロリーグが開幕するスポーツに挑戦する1人の選手のノンフィクションストーリー。

世界No.1 プロXballプレイヤーへの挑戦 ートライアウト編ー #7 はこちら

 

 

8. 決断

僕の中で、Xballへの気持ちは大きくなっていた。

しかし、1つ問題があった。

今日は3月8日。

そしてトライアウトは1週間後の3月16日に実技、そしてドラフトがあるのだ。

そして、明日から、厳密には数時間後に日付が変わった瞬間から、応援投票の期間が始まるという。

 

全く実技を練習していなければ、投票してもらうための計画も立っていない。

説明会は先月から行っていたというから、正直不利な部分が大きそうだ。

 

今回が第2回のトライアウト。今急いで申し込まなくても、第3回を待てばそれまでに準備ができる。

もっと確実に行こう。

いや、今すぐ行くべきだ。

この一瞬の時間でどちらにも転ぶ選択肢が頭の中で駆け巡った。

 

もう一度

「今回、トライアウトは受けますか?」

と言った質問をもらった。

 

一瞬の沈黙のあと、僕は答えた。

「トライアウト、受けます。よろしくお願いします」

 

9.理由

第一回のトライアウトはSNSを通して見ていた。

世界No.1 プロXballプレイヤーへの挑戦 ートライアウト編ー #9 はこちら

 

管理人:こーすけ
HADO Xball、「神奈川シリウス」所属のアスリート。

スポンサー、パートナー等、Xball選手としての僕と面白いことを仕掛けましょう。
興味のある方は、プロフィールやTwitterアカウントをご覧ください。