世界No.1 プロXballプレイヤーへの挑戦 ートライアウト編ー #12

HADO Xball2021年にプロリーグが開幕するスポーツに挑戦する1人の選手のノンフィクションストーリー。

世界No.1 プロXballプレイヤーへの挑戦 ートライアウト編ー #11 はこちら

12.初練習で受けた衝撃

 

説明会以来のxballに触れる機会は、トライアウトの5日前だ。

はじめての練習、説明会と同じ会場で行われた。この日参加者は3名。

女性プレイヤーと明らかにずば抜けた体格をしている男性。

基礎練習から始める僕。ブレードは真っ直ぐに打つことができず、安定しない。

 

この日は、他のトライアウト参加者のプレーを見るのは初めてだ。

自分がどれほど通用するのかそれを今の自分を確かめる日でもあった。

 

これまで様々なスポーツを経験してきたから、練習が少なくても挑戦できると思っていた。

どこかで謎の自信があった。

しかしその楽観的な感覚は崩されることになった。

 

圧倒的なスピードでブレードを放つ”白瀬さん”と呼ばれるプレイヤー。

勝ち目がない。

こんなにも参加者との差がついているのかと思い知らされた。

 

13.時間がない中でできること

もう時間はない。

 

この続きは明日更新されます。

管理人:こーすけ
HADO Xball、「神奈川シリウス」所属のアスリート。
スポンサー、パートナー等、Xball選手としての僕と面白いことを仕掛けましょう。
興味のある方は、プロフィールやTwitterアカウントをご覧ください。