世界No.1 プロXballプレイヤーへの挑戦 ートライアウト編ー #14

HADO Xball2021年にプロリーグが開幕するスポーツに挑戦する1人の選手のノンフィクションストーリー。

世界No.1 プロXballプレイヤーへの挑戦 ートライアウト編ー #13はこちら

14.自信


翌日になっても腕はパンパンだった。

2回目のトレーニング。この日は参加者が4人いた。

昨日はあっちこっち飛んでいったブレードが、まっすぐブレードが飛ぶようになっていた。

進歩を実感できる。

しかし、まだまだゆっくりのスピードで相手に当たるとは到底思えない。

 

基礎練習が終わった後、実践形式の試合が行われた。

まだまだ差は縮まらないけど、前日よりも動けるようになり、動きがマシになったことで自信が少しついた。

 

成功体験は心に余裕をもたらす。

焦らず、1つずつステップアップするんだ。

いきなりスーパープレーなんてできない。

コツコツと積み上げよう。

 

この日もたくさん腕を振った。右肩も右肘の痛みが引かなかった。

使わない筋肉を使うようになった。

残りの練習は1日。自分のスキルアップできるのは2時間だけしか残されていない。

 

15.練習最終日

最後に約束されていた練習日は、本番の3日前だった。

 

この続きは明日更新されます。

管理人:こーすけ
HADO Xball、「神奈川シリウス」所属のアスリート。
スポンサー、パートナー等、Xball選手としての僕と面白いことを仕掛けましょう。
興味のある方は、プロフィールやTwitterアカウントをご覧ください。