世界No.1 プロXballプレイヤーへの挑戦 ートライアウト編ー #15

HADO Xball2021年にプロリーグが開幕するスポーツに挑戦する1人の選手のノンフィクションストーリー。

世界No.1 プロXballプレイヤーへの挑戦 ートライアウト編ー #14はこちら

15.練習最終日


最後に約束されていた練習日は、本番の3日前だった。

この日の練習は、これまであまり交わせたことのないメンバーが多かった。

 

昨日の練習で成長を実感できていたから、最後の1日でその自信をさらに深めたいと思っていた。

参加者はダンスを専門とするメンバーが多く、経験値が少ないと言いつつもどんどんと習得して伸びていった。

 

普段から体動かす仕事をしているメンバーのため飲み込みが早いのだろう。

僕自身もそれに負けない思いで練習に臨んだ。

 

この日の最後に行なった2試合は、どちらも本番のつもりで集中した。

一本目。

思い通りに動けた。このように動ければ本番も自信をもっていける。

この調子のまま2本目もいくつもりでいた。

 

しかし、2本目は自分の動きを読まれ、全く活躍できない。

やりたいことができない。

こんなんじゃダメだーー。

最後の最後に、悪いイメージを持ったまま終わってしまった。

 

16.残された時間でできること

最後の練習なのに不安なまま終わってしまった。

 

この続きは明日更新されます。

管理人:こーすけ
HADO Xball、「神奈川シリウス」所属のアスリート。
スポンサー、パートナー等、Xball選手としての僕と面白いことを仕掛けましょう。
興味のある方は、プロフィールやTwitterアカウントをご覧ください。