世界No.1 プロXballプレイヤーへの挑戦 ートライアウト編ー #24

HADO Xball2021年にプロリーグが開幕するスポーツに挑戦する1人の選手のノンフィクションストーリー。

世界No.1 プロXballプレイヤーへの挑戦 ートライアウト編ー #23はこちら

 

24.出番


あともう一組が終われば、自分の順番が回ってくる。

あと、15分くらいだろうか。そう思って、椅子に座って待っていた。

 

しかし、4組いる中で自分たちのグループは3番目の予定だったが、1人がその場にいなかったため2番目に繰り上げとなった。

準備ができていなかったわけではないが、急に出番が来た。

 

他の3人は、メガネをかけた二井さん、応援投票1位のフリースタイルフットボーラーIbukiさん、2位の女性プレイヤーだ紗蓮さんだった。

監督の前に整列した僕たちは、自己紹介をした。

4人が名乗り終えると、監督からの質問タイムが始まった。

 

「Xballで大切だと思うプレーは何だと思いますか?」

このような質問が飛んできた。

順番に答える4人。

僕の答えは明確だった。

「見ることです。シュートもブレード、Xボム、相手、自分のポジション、状況。どれも目で見て判断することが重要だと思っています。」

この短期間で感じていたことは、この目で見て判断することだ。

続いて質問された内容は、「目標にしている選手はいますか?」という質問だった。

 

25.試合開始

他の3人が答えたのは、水澤兄弟の名前を挙げていた。

 

この続きは明日更新されます。

管理人:こーすけ
HADO Xball、「神奈川シリウス」所属のアスリート。
スポンサー、パートナー等、Xball選手としての僕と面白いことを仕掛けましょう。
興味のある方は、プロフィールやTwitterアカウントをご覧ください。