アスリート必見!大阪で身体を支える専門家対談。「ヘルストロンって?」

マイスポーツ案内人。現役のアスリートであるHADOプレーヤー「藤原昂亮」が、「スポーツ×◯◯」を探る企画。今回は「スポーツ✖身体」の面からアプローチ!


「白寿生科学研究所、吉岡様」(以下:
白寿 吉岡)と「REATH株式会社 × 中島様、柴谷様」(以下:REATH 中島、柴谷)にご協力いただきました。

※こちらはPR記事となります。

第1部・企業紹介

藤原:
今回はよろしくお願いします!「HADO」をプレーするアスリートということで、健康、身体のコンディションは気をつけたいと思っています。
まずは、事業はどのようなことをされているのか教えてください!

白寿 吉岡:
「健康を通して人類の幸福を実現すると言う理念を元に、ヘルストロンと言う電位治療器を体験できるお店を全国で展開し、食事、精神、運動等の生活習慣の改善を促し、地域の皆様の健康をサポートしています。

REATH 中島:
リハビリ先進国ノルウェーで生まれた『redcord』というスリングエクササイズツールを使用し、医療系国家資格を保有したトレーナーによる、弊社独自のノウハウで予防医療やスポーツのパフォーマンス向上、術後の機能回復訓練に至るまで多様性が高く、子供から大人、ダイエットからアスリートまで多くの方にご利用頂いているトレーニングジムです。また整骨院を併設しているため、怪我の対応や身体のコンディショニングと即座に対応できる環境を整えお客様の悩みをトータルでバックアップしています。

藤原:
「ヘルストロンって具体的にどのようなものか教えてください!」

白寿 吉岡
「押す」や「揉む」などの物理的な力を与えるものではなく、カラダを高電圧の電界で覆って電位の力で治療するものです。

ヘルストロンの効果は、電位のある周りで発生した電界が皮膚や体表面の感覚受容器を刺激すること、生体内に誘導された微弱な電流の作用、あるいはそれらの相乗作用により、血液循環とからだの調整機能に働きかけています。

 

第2部・ヘルストロンの導入


藤原:
実は今回、吉岡さんにご紹介いただいての企画となりました。もともと、
どのような繋がりがあったのでしょうか?

白寿 吉岡
ハクジュプラザでは、適度な運動、バランスの良い食事、ゆとりある精神の大切さもお店で伝えていますが、身体の事はプロではありませんので、整骨院のREATHさんから、お客様に運動の大切さを教えて貰おうと言うことでコラボさせていただきました。

靴紐の結び方講座や、正しい靴の選び方講座などして貰いました。

REATHさんには沢山のアスリートも来られると言うことで、ヘルストロンをもっと知って頂くために設置お願いさせて貰いました。

藤原:
「実際にヘルストロンを使っている方の声を聞いて見たいです!」

REATH 柴谷:
水泳のコーチをメインにさせていただいて、選手のコンディショニングには白寿さんのヘルストロンを使わせていただいています。

事例としては下記のようなものがありました。

▶︎30代パラ水泳選手(男性)S10クラス(身体障がい):「ヘルストロンを使うと使わないとでは、疲労の取れ方が全く違います。」

▶︎20代大学水泳選手(男性①):ぐっすり眠れることと、寝起きがスッキリ起きれます。睡眠の質がすごく上がったと思います。

▶︎20代大学水泳選手(男性②):筋肉痛が残りにくくなりました。筋肉の修復が早くなったのかなと思います。

▶︎20代大学水泳選手(女性①):なかなか寝付けなかったのに、就寝前にヘルストロンを使うとすぐに寝付けます

▶︎20代大学水泳選手(女性②):月経周期が安定しました。それと、生理痛も軽減されました。自分でもすごくびっくりしています。

REATH 柴谷:
体感した人にしかわからないかもしれませんが、ヘルストロンをよく使うようになって、私の関わった選手は全員ベストタイムを更新しています。パラ水泳の選手は日本記録も樹立しました。水泳選手が全体的に口にすることは、「よく眠れる」「疲労の取れ方が違う」とよく聞きます。

最近水泳では、ヘルストロンを導入した大阪の大学が強くなったことで、愛知県の大学や、東京の大学にも導入されるようになったみたいです。

藤原:
このような事例に対して、吉岡さんの見解はどのようなものでしょうか?

白寿 吉岡:
ヘルストロンは色々な研究結果もありますが、最近では、医療機関との共同研究で、通電中の脳波を測定すると、θ波が増加することが分かっています。θ波はリラックス時に増加する脳波で、ヘルストロンに乗ることでアスリートのメンタルコントロールの1つとして期待されます。また、その他の研究においても、通電することにより、睡眠の質が改善したり、運動後の回復に有効性を示すデータ等もあります。

普段のお店でもこういう効果を感じる方も沢山いますが、高齢の方も多く個人差がかなりあります。

日頃から多くの方と接しておりますが、アスリートは普段から身体の変化に対して気づきやすいのではないかなとも、感じています。

藤原:
両者の強みを生かして、
結果にも反映されるようになっているのですね!

 

第3部・今後の活動

 

藤原:
今後はどのようなことを目指していますか?

白寿 吉岡:
今後は全国のハクジュプラザに来れない方や、アスリートの方に対してアプローチし、コンディショニングや疲労回復が結果的に病気の予防にも繋がると思いますので、若い世代にもどんどん体験して貰いたいと考えています。

REATH 中島:
アスリート自身がトレーニングやコンディショニングに対して固執した考えだけではなく、柔軟で幅広い考えを持った選手になる様にサポートしたいと考えています。その上で各カテゴリーにおいて、個人の持つ能力が最大限に発揮できる様、最高の環境を整えていきたいと考えています。

藤原:
ありがとうございます。二つの企業について知る機会になりました!

 

最後に、こちらの読者「アスリートの方限定のオファー」があるそうです!

白寿 吉岡:
記事を見た方で希望のアスリートの方には寝るタイプのヘルストロンを3ヶ月無料で貸出します。


MYSPORTSの下記のLINE@に登録後、「ヘルストロン希望」というキーワードをお送りください。(簡単なアンケートに答えていただきます)

友だち追加

<詳細情報>

株式会社白寿生科学研究所
HP:https://www.hakuju.co.jp
ヘルストロン あべの店
SNS:https://lin.ee/sn4Sa6L

REATH株式会社
HP:https://www.reath-co-ltd.com
SNS:https://www.instagram.com/reath.co.ltd/?hl=ja

 

実は株式会社白寿生科学研究所さん、マイナーなスポーツとの関係も深く、アスリート社員も雇っています。

下記の写真にて一部を紹介させていただきます。