eスポーツで優勝賞金1000万円!『シャドバ』とは?「RAGE Shadowverse 2022 Autumn GRAND FINALS」現地レポート

※本サイトは、広告を掲載しています。

昨今では、eスポーツが新たなスポーツの形として注目されています。

2021年に開催された世界大会では、過去に優勝賞金1億5000万円という破格の賞金額がニュースでも話題にもなった、日本発のeスポーツ『Shadowverse』について特集します。

また、2022年9月に開催されたばかりの決勝大会「RAGE Shadowverse 2022 Autumn GRAND FINALS」の現地レポートをお届けします。

『シャドバ』とはどんなeスポーツなのか?


eスポーツには、格闘ゲームやシューティングゲーム、デジタルカードゲーム、MOBA(マルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ)など様々なジャンルがあります。

『Shadowverse』(通称:『シャドバ』)は、ジャンルとしてはデジタルカードゲームに位置します。

どんなルールなのか

漫画やゲームに詳しい方は『遊戯王』や『マジック:ザ・ギャザリング』のような1対1の対戦型カードゲームを想像すると良いでしょう。

プレイヤーは自分のオリジナルのデッキを用意して、対戦中はそれらのカードを使い、攻撃したり防御したりします。

image12.jpg

将棋や囲碁のように、自分の持ち時間は限られており、様々な選択肢の中から、ベストな組み合わせを選んでいきます。1ターンの思考時間は90秒と非常に短く、カードを使っている間に時間切れになると、強制的に相手のターンになってしまうルールです。

image15.jpg

将棋に例えると、対戦前に将棋の駒の数やその配置を自由に決められ、1ターンの間に駒を定められた制約内で何回も動かして最適解を導き出す。そういった複雑性や選択肢の多さを持つゲームです。

賞金額がすごい

image14.jpg

 

『Shadowvers』eの公認大会として年に4回(株式会社CyberZ 、エイベックス・エンタテインメント株式会社、株式会社テレビ朝日が主催となり)開催されるRAGE Shadowverse。その予選大会を勝ち抜いた選手が参加するGRAND FINALS(今回の大会)の優勝賞金は1,000万円であり、一般のプレイヤーが参加できる大会の賞金額としては最高レベルです。

また、2022年大会のGRAND FINALSの優勝者は、その先に待ち受ける強者だけが参加権を得ることのできる「Shadowverse Invitational」に招待されます。

今回のInvitationalでは賞金は付与されませんが、昨年2021年12月に開催された世界大会、「Shadowverse World Grand Prix 2021」の優勝賞金は1億5000万円と、国内eスポーツにおける最高額賞金としてニュースになりました。

賞金1,000万円!GRAND FINALS 本戦レポート

image17.jpg


そんな賞金1,000万円を賭けた戦い「RAGE Shadowverse 2022 Autumn GRAND FINALS」について、2022年9月に開催された本戦の現地レポートを交えて紹介します。

配信ページ:【GRAND FINALS】RAGE Shadowverse 2022 Autumn

そもそもどんな大会なのか

「RAGE Shadowverse 2022 Autumn GRAND FINALS」とは、予選大会である「RAGE Shadowverse 2022 Autumn」を勝ち抜いた8名による、賞金1,000万円獲得を目指す決勝トーナメントです。

予選の「RAGE Shadowverse 2022 Autumn」は、約5000名のプレイヤーがエントリーする、国内最大級の参加人数を誇るeスポーツ大会です。

image16.jpg

これが予選大会「RAGE Shadowverse 2022 Autumn」の様子です。全員が『Shadowverse』のプレイヤーであり、丸2日間の厳しい戦いを繰り広げます。

image20.jpg


対戦中のプレイヤーたちの表情は真剣そのものです。対戦中は試験会場のような静寂に包まれており、ゲームというよりも将棋や囲碁の対局を見ているようです。

image11.jpg


厳しい予選を通過した8名です。GRAND FINALSでは彼らが最後の戦いに挑みます。

事実上の決勝戦か!?  yoshiky選手vsミル選手