【スポーツ×NFT】国内&海外事例7選

近年トレンドとして名前を聞く機会が増えた「NFT」。そもそもNFTとは何なのか。スポーツと絡むとどのようなサービスが生まれるのかを知ってもらうべく、今回は日本国内と海外の事例を紹介したい。

NFTとは?

NFT(non-fungible token)は、非代替性トークンのことを指す。非代替性と言うことは、「偽造することができないデジタルデータ」である。

これまでデジタルデータは複製したり、偽造したりできたが、ブロックチェーンの技術によって、偽造のできない「そのものの価値、唯一のデータであることが証明」できるようになった。

これまでも、現実の世界に存在するものの中で、唯一無二の希少価値の高いものがあった。例えば「有名スポーツ選手本人の世界に一枚のサイン入りユニフォーム」だ。そのようなものが、デジタルデータとしても、唯一のデータとして証明されるようになった。

NFTとスポーツ

NFTが登場したことによって、アスリートの写真や、サイン、プレー動画だったり、ツイートやチケットなど様々なデータが、NFT化されて、ファンが個人でそのデジタルデータを所有できるようになる。

特に、好きなチームの思い出に残るシーンだったり、推し選手のデジタルカードだったり、自分だけが所有できるようになるのがスポーツ×NFTの特徴と言えそうだ。

まだまだどのようなサービスが生まれてくるのか想像もつかない部分が多くあるが、これまでに発表されているものをここからは紹介したい。

 

国内の事例

 

PLAYBACK9

2021年11月に、ディー・エヌ・エーとその傘下のプロ野球チームである横浜DeNAベイスターズが、プロ野球のトレーディングカードをデジタルで実現するサービスをリリースした。試合中の名シーンをコレクションできるサービスで、カードの上限が設定されており、希少性がある。また、カードには自分だけのシリアルナンバーがある。

実際に昨シーズンの試合の1シーンが切り取られ、480円〜販売されているのを確認した。

HP:https://playback9.jp/login

 

 

選手とファンのコミュニケーション

プロサッカー選手で、元日本代表・FC東京に所属する「森重真人」選手の2022年抱負ツイートNFTがオークション形式で販売されていた。それをFC東京サポーターが220,111円(税込)で落札。NFTを通じた選手とサポーターがコミュニケーションを行う事例となった。

詳細:http://www.fullspeed.co.jp/press/6320/

 

日本初のサッカークラブNFT

鎌倉インターナショナルFCが、サッカークラブとして日本初となる地域活性を目的としたNFTコンテンツ「鎌倉デジタルコレクション by 鎌倉インテル」の販売を行った。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000034.000061950.html

今後、スポーツクラブと地域など、新たなコンテンツが生まれてきそうだ。

 

メルカリとパシフィックマーケティング

プロ野球のパ・リーグの6球団の名場面やメモリアルシーンをコレクションできるサービス。セ・リーグでは、先ほど紹介したDeNAのチーム単独での取り組みが始まっているが、パリーグはリーグ全体として統括する組織があるため、このような取り組みを6球団で行うことができる。

https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00356/121700024/

専用サイト:https://moments.pacificleague.com

 

海外の事例

 

デジタルトレカ「NBA Top Shot」

アメリカのプロバスケットボール「NBA」のプレーシーンのハイライトを切り取ったデータが販売されている。集めたカードはマーケットプレイスで売買することが可能であり、レアなトレカは数千万円で取引されるほどで、盛り上がりを見せている。

https://basketballking.jp/news/world/nba/20210409/315116.html

 

RealFevr

世界トップ級サッカープレーヤーのゴール独占NFT。

ポルトガルの企業が立ち上げたサービスであり、印象に残る瞬間の動画をファンが収集できるようにする。

https://www.realfevr.com

下記は中島翔哉選手のプレー動画。先にあげたNBAのサッカーバージョンと捉えて問題ないだろう。

https://www.realfevr.com/collectibles/67898

稼げるNFTゲーム「sorare」

こちらは、ファンタジースポーツとも言われる分野。選手のデジタルカードを集め、実際に行なわれている試合結果と連動して、集めたカードで他のユーザーとスコアを競うゲームになります。

5枚のカードを使用し、活躍度合いによってスコア化され、上位に入賞することで報酬(イーサリアム)や特別なカードが貰える仕様となっている。

有料のデジタルカードを購入することがメインになるが、無料で開始することができる。報酬を獲得できる可能性があり、新たなスポーツの楽しみ方だろう。

https://sorare.com