【子供たちの可能性を広げるサッカースクール設立へ】

大学4年間でサッカー選手、指導者、ライターとして幅広く活動。そして現在、サッカースクール設立に向けて活動する辻本拳也さんのインタビューです。

 

サッカーに関わるために

小さい時からサッカーをやっていて、最近は社会人サッカーのチームに入っていました。サッカーをやっていたこともあって、高校時代の時から将来はサッカーに関わりたいと思っていたので、大学選びも、入学後も全ては将来に繋げるために行動をしていました。大学の4年間で主に経験したことは、サッカーの指導者と選手、ライター活動です。

初めての指導者としての経験は、北澤豪氏主宰のサッカースクールに自分から交渉して、スクールの臨時コーチをさせて頂いたときです。参加した回数は多くなかったのですが、そこで「指導者の大変さ」や「サッカーでお金を稼ぐこと」の喜びを知りました。

後に日本サッカー協会公認D級指導者ライセンスを取得してから、指導者としてさらに勉強したい思いを持ったので、アルバイトとして関わるようにしました。それがサッカースクール「FCリアル」でのメインコーチと、業界最大級の「クーバーコーチングサッカースクール」でのアシスタントコーチでの経験です。クーバー時代には、幼稚園~小学6年生までを担当して、u-10、u-12の世代のトレセンに選出される選手の指導を経験しました。

指導者として学べたことは、サッカーの本質や指導者として必要なことで、特に幼稚園児と小学生への、教えることの難しさと責任の重さです。教育は子供相手の仕事で大人の影響力は大きくて、発言1つで子供をいい方向に導けるし、逆もあります。それはつまり、恩師にもなれるし、一生恨まれるかもしれないということです。それでも、自分が指導してできないことができるようになったり、楽しそうにサッカーしていることを見たりして、子供の成長を見れることにやりがいを感じていました。

その一方で選手としては、大学2年の9月から1年4ヶ月、埼玉県社会人サッカーリーグ2部のチームに所属して、元Jリーガーやインターハイ準優勝経験のある選手とプレーしました。そこでの試合の出場機会は少なかったのですが、とても良い経験になっています。

ライターとしては、「shooty」「サッカルチャー」の2つの小さなサイトで活動をしていました。小学生年代の世界大会の国内予選、ダノンネーションズカップ2017の取材を行ったときにクーバーコーチング時代の教え子がプレーしていて、偶然会場で出会うこともありました。そして、大学では卒業論文が必須ではなく、普通の大学生がしないことをしたいという気持ちと、お会いしたサッカーライターの方に勧められたこともあり、amazonのkindleでスポーツビジネスの電子書籍を出版しました。

このような経験をして、サッカーで何がしたいのかという軸が定まりました。

 

挫折と決断

今では自身のサッカーのプレイヤー経験や指導経験から、将来サッカースクールを経営することを目指していますが、それ以前にスポーツに関わりたいと思って、動くようになったきっかけは高校時代まで遡ります。

小中とサッカーを続けていて、高校は埼玉県でベスト16を経験している学校に進みました。それまで地域のトレセンに選ばれるほどではなかったのですが、チームではレギュラーとして試合には出場していました。

ただ、高校では一度練習に参加してみるとレベルは高く、サッカーの厳しさを痛感して、自分も足を怪我してしまい入部を断念しました。それからフットサルをしながら高校生活を送っていたのですが、体も弱く体調不良が続いていたために学校は休みがちでした。そして、サッカーをしなかったことで目標を見失って、5月末には高校を辞めて、通信制に通うことにしました。

転校は、その学校がサッカー部があること、Jリーグの東京ヴェルディのスポンサーをやっていたことが理由で決断しました。結局、学校のサッカー部には入部しないで、クラブチームに半年間ほど所属していたのみです。

その後、通信制の繋がりから東京ヴェルディとのスポンサーイベントで、元サッカー日本代表北澤豪さんのサッカー教室に参加しました。そのときのコーチ陣に魅了されたのが指導者に興味を持ったきっかけです。また、東京ヴェルディでの試合運営の手伝いを数回経験して、Jリーグクラブの裏方の仕事にも興味を持って、スポーツビジネスを学べる大学へ進学したいと考えるようになりました。

 

将来はサッカースクール経営

いろいろなことを経験してきた結果、軸としてやりたいことはサッカー指導者として自分のスクールを作ることです。既存のスクールの良さはもちろんありますが、自分のやりたいように運営したいと思っています。

今のスクールの印象として、集客に苦労して、生徒に目を配れていない。もちろん経営しないといけないのですが、子供のためになっているかという点に疑問がありました。そのようなこともあって、子供に向き合って、質にこだわって提供したいと思っています。

サッカーをしていても全員がプロなるわけではありません。将来はサッカー以外のことで生活する人が大半でしょう。そのために、子供たちがサッカー以外でも博物館行ったり、キャンプをしたりと、様々なことを経験できるようにしていきたいと思っています。子供たち将来やりたいことはいくつあってもいい。サッカーだけにならずに将来の可能性を広げたいと思っています。また、子供だけでなくて保護者とも寄り添い合いながら家庭のこと、学校のこと悩みを解決できるようにして、学校に近い環境を創り上げたいです。

自分は、サッカーに関わりたいという気持ちがありました。しかし、これまでサッカーは決して上手かったわけではなくて、サッカーを取り上げると自分に何も残らない。自分にはサッカー以外何もないことが恐いと思うことがありました。大学に入るまでサッカー以外のことを疎かにしていたことに気づいて、それが選手やライター、指導者と様々なことを経験することに繋がっています。その経験から、子供たちの将来役に立てるためにサッカーでもサッカー以外の場面でも、どこにいっても活躍できるようになってほしいと思っています。

また、4年間で活動して内定を貰えた経験から、これからスポーツ業界を目指す方たちに伝えられることがあると思っています。自分の哲学は「考えて行動する」ということ。自分のなりたいものがあってこそ行動できます。それを逆算することが大事で、自分には何ができるのか。どのような強みがあって、どう活かせるのかを考えました。

スポーツ業界に入りたい人はたくさんいて、倍率は高いですが内定を取れる人はいます。その内定を取れる人たちは、自分は会社で何ができるのかを知っていて勝負をしています。自分の場合は、電子書籍の出版と言った珍しさや、積極的に行動できることが強みに持っていました。それをPRしたことが内定に繋がったと思っています。

 

考えてから行動すること。それを繰り返してまた行動して、考えて、方向性をはっきりさせて、やりたいことに近づいていく。やりたいことに対して自分は何者なのか、何ができるのかと自己分析を出来ることが必要です。皆さんにもそのように自分をよく知り、考えて行動することで内定獲得に繋げてほしいと思っています。

 

【辻本拳也】

1995年生まれ。サッカーメディア運営会社に内定。
現在はスポーツスクールの立ち上げに関わり、サッカー、フットサルウェアのFOOTNINJAのスタッフも務める。
辻本拳也 HP:https://kenya-soccer-player-1995.amebaownd.com
FOOTNINJA:http://footninja.theshop.jp

 

インタビュー/記事執筆

【藤原】

Vektor創設/94世代/平昌五輪視察
Twitter:https://twitter.com/vektor_daihyo