【フレスコボール】大学生が普及活動にかける想い

※本サイトは収益手段としてアフィリエイトの使用や、広告を掲載しています。

ビーチスポーツ、そしてペアでお互いが思いやることで成立するフレスコボール。
選手であり、また普及をするフレスコボーラーの学生・杉村秀樹さんに取材しました!

 

 

フレスコボールとの出会いはどんなものでしたか?

いろいろ事情があって大学の部活を途中退部して、何かスポーツを極めたいなという想いからマイナースポーツを探すようになりました。
Twitterでマイナースポーツをエゴサーチしていると日本代表の方(当時の小澤・落合選手)の発信が目に入ってきたのです。 直接連絡を取り、1ヶ月もたたないうちにフレスコボールの世界にハマっていきました。

最初に体験した感想を覚えていますか?

はじめて体験した場所は東京でした。 様々なマイナースポーツを体験しながらも ラケット競技は苦手意識があったので、 上手くできるか不安な思いがありましたが、 「2人で協力し合って」なんとかラリーが続きました! 今でこそ、その時の自分は下手だったなぁと思いますが、 ラリーが続く楽しさ、協力し合える嬉しさが とても楽しく感じました。

 

フレスコボールの魅力を教えてください。

ビーチスポーツですが、公園や体育館などどこでもできます!
ラケット2つとボール1球、ペアの人がいればどこでも、誰でも、誰とでも出来るお手軽なスポーツで、スポーツを新しく始める人にとっては最適なんです!

なぜフレスコボールを普及させたいのですか?

自分がやっていて楽しいと思えるものを共有したいからです! どのマイナーなスポーツにも共通することですが、認知度が低いだけで面白くないわけではない。生涯スポーツとして日常的に行う運動の1つの選択肢にしてほしい。 みんなにフレスコボールの楽しさやそれを通じて広がる世界を知ってほしいから普及しています!

今後、どのような活動をしたいですか?

日本代表を目指すために練習に励みながら、全国の学校を回って、学生・先生向けに体験会を開催したいなと思っています。 学生プレーヤーがまだまだ少ないので、そこをターゲットに普及していけたら良いなと思っています。

最後に、フレスコボールに興味を持っている方に一言お願いします!

比較的、始めやすいスポーツなのかなぁと思いますが、 何かスポーツを始めることはハードルの高いことだと思います。 フレスコボールをやってる方々は心の温かい方が多いので SNSで「フレスコボールしたいなぁ」とか呟いてくれれば 僕が反応します!そして、日本にお住まいの方なら ラケット持って大阪から出向くので、連絡していただければ嬉しいです!

 

プロフィール

【杉村秀樹】

Twitter:すぎちゃん@フレスコボール

・大会実績
フレスコボールChampion Race2019男子21位 

frescoball.org/pdf/20190828_j

・普及実績
鹿屋体育大学での体験会(鹿児島)
未開拓地にて5名が体験
sharefesでのフレスコボール体験(大阪)
25名が体験 ・東京、大阪、広島、福岡、愛媛で学生への普及にも力を入れている。